バンガードが日本事業から撤退する理由

世界最大級の資産運用会社であるバンガードは、日本拠点での営業活動を段階的に終了することを発表した。

バンガード社はウェブサイト、Twitter、ニュースレターについても、今後数か月間をかけて、段階的に閉鎖していく。また、日本だけではなく、香港からも撤退することが決定しています。


日本から撤退する理由


撤退理由は「アジア事業の見直し」とのことで、中国本土市場へ経営資源を振り向けるためとみられています。コンサルティングファームのOliver Wymanによると、中国本土の資産運用市場は2023年までに資産規模30兆ドルに達する見込みだそうです。

バンガードは、中国本土においてはアリババ傘下のアント・フィナンシャルと組んで事業を行っています。


バンガード日本語サイトの読み物


日本語Webサイトも閉鎖されるようですね。バンガード社のWebサイトは勉強になる読み物が沢山あるので、物読みとしては非常に残念ですねー。

「バンガードの4つの基本原則」(PDFリンク)はバランスの良い投資をしたいと思っている人は(見習うかどうかはともかく)一読し、考え方は学んでおくと良いと思いますし、これ以外のコラムもなかなか面白いものが多いです。


たとえば、昨今にわかに流行しつつあるFIRE(経済的自立&早期退職)の議論の中に時折現れる4%ルールについては、「4%予算とは:退職後は資産の引き出し率より支出の柔軟性が重要です」の記事に詳しいです。ちなみに4%ルールとは、資産を積み上げて引退した人が、引退後に資産をどれくらい引き出す、つまり取り崩せば良いか、という問題に応えるものです。バンガードの記事では、1994年のウィリアム・ベンゲン氏の論文へのリンクとともに、4%ルールに関する議論が詳細になされています。


そのほか、最近の記事だと「ニュースの正しい読み方(と間違った読み方)」、「“自分をコントロールする”ための6つの対処法」等は資産運用に興味がない人にも為になる良い記事と思います。


©2020 by PAPERWORK