CATEGORIES

ARCHIVES

最終更新: 2020年8月4日


早期の経済的独立と退職を目標とするライフスタイル「FIRE」


FIREとはFinancial Independence, Retire Earlyの各単語の頭文字をつなげた言葉で、Wikipediaによれば、2010年代から注目を集めはじめたライフスタイルのようです。

たとえば、ブログ「Mr. Money Mustache」のPete Adeney氏は30歳になる前にリタイアしたそうです。


なぜ早期リタイアしたいのか、という理由は様々でしょうが、定年まで働くあるいは働けなくなるまで働くのではなく、戦略的にかつ精力的に早期リタイアに向けて生活していくことは、このムーブメントに参加する人たちに共有している価値観であるようです。


『FIRE 最強の早期リタイア術』

今回読んだ『FIRE 最強の早期リタイア術』の著者はクリスティー・シェン、ブライス・リャンはもともとコンピュータエンジニアをしていましたが、31歳でリタイアしたそうです。本書では、彼らと同じように、あるいは彼らと違う環境であっても、FIREするためにどうしたら良いのかが語られています。2020年に世界的な流行となり始めた「投資」に関する記述もさることながら、本書においてはお金以外の心構えや考え方にもページが割かれています。例えば第3章の「(まだ)自らの情熱に従うな」では「必ずしも情熱は良い仕事にはつながらない」「情熱と幸福はイコールではない」といったことが語られます。ここに書かれている


心から好きなことをすれば、お金は後からついてくると期待するのは危険です。まずお金を追いかけましょう。好きなことはその後でもできるのです。

という助言は、賛否両論ありそうですが、多くの人にとって結果的には適切な助言になりうる言葉かもしれません。本書序文に「読者の一部は本書を嫌いになるだろう」と書かれていますが、そういう人もいると思います。


本書後半では、インフレや保険といったトピックに触れつつ、重大な検討事項である「子ども」に触れます。また、早期リタイアの「負の側面」にも触れています。

  • お金が底をつく

  • コミュニティの喪失

  • アイデンティティの喪失

が語られています。「11億円持って早期リタイアに失敗した人」(リンク先:Youtube)もいるので、FIREの成功とは金銭面での裕福さ、会社勤めからの卒業だけでは達成されない、そういうものなのでしょう。この方はリタイア生活をする能力、才能がなかったと語っています。


次回はお金に関することについてメモしていきます。



今日のおまけ

調べてみたら日本にも30歳でセミリタイアした人がいました。興味のある方は以下のサイトもどうぞ。

三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた


最終更新: 2020年8月4日


人はなぜウェブに自分の日記を公開するのか。


今日は「人はなぜウェブ日記を書き続けるのか」です。


私は散々ブログやテキストサイトを作っては引っ越し作っては引っ越ししてきました。

今でこそ、アメーバブログはてなブログQiitanote等のブログサービスやSNSで雑感を綴ったり、写真をアップロードするのが一般的となっていますが、それ以前、つまりブログサービスやSNSが流行する前は、自分でウェブサイトを作り、日記や読み物を夜な夜なしたためてはアップロードする必要がありました。十数年~20年前の頃かと思います。


なぜウェブに自分の日記を公開するのか

ブログで生計をたてている人や収益化を目指している人は明確ですが、私も含め、ただの日記を書いている人の動機(ウェブ日記が書かれる理由)は明確ではありません。論文中にも、

書き手は自身のホームページ上で自由に発信できるが、その情報は単に 「置かれて」 いるにすぎず、他者の目に必ずふれるという保証はない。

とありますが、これは昨今のブログ、twitter等でも同じことが言えます。ウェブ日記を始めた動機(開始動機)と、ウェブ日記の効用は論文中に以下のようにまとめられています。


開始動機

  1. 自己表現動機 「自分のことを表現するのによい方法だと思ったから」「自分の文章能力を知つてもらいたいと思ったから」「自分を売り込みたくて」

  2. 手段的動機 「情報更新が手軽にできるから」「アクセス回数の増加につながると思ったから」

  3. 同調的動機 「他の人が日記を書いているのを見て、自分も書こうと思ったから」「他の人にすすめられたから」


効用

  1. 自己に向かう効用 「書くことによって不安や緊張が解消する」「不満や葛藤などを発散し、すっきりすることができる」「書くことによって自分の本当の気持ちがわかる」「自分の問題や感情などを、整理し、明確にすることができる」「現実社会での役割を忘れて本来の自分を取り戻せるような気がする」「家族や親しい人の期待から離れて自由にふるまえる」

  2. 関係に向かう効用 「自分のことを書くことで、他の人もその人自身のことを知らせてくれるようになる」「自分に共感してくれる他者と出合い、親しくなれる」「個人と個人が互いに率直に意見交換できる」「自分で気づかない欠点や特徴などを、他の人から指摘してもらえる」


書くことによって不安や緊張が解消する」というのは私自身も効果を感じています。書きながら思考を整理することで、「すっきりすることができる」。書くことの効用はこちらも論文でも、語られていますね。長期的な効用として血圧が下がると書いてありますが、実際どうなのでしょうか。。(自己申告self-reportedの結果とは書かれています)。

家族や親しい人の期待から離れて自由にふるまえる」や「自分に共感してくれる他者と出合い、親しくなれる」あたりはウェブならではですね。


Read Me!

また、調査対象の収集にあたり、「日記猿人」と「ReadMe! JAPAN」を用いているところが極めて懐かしい 笑

日記猿人(Wikipedia)は既になさそうですが、ReadMe! JAPANはなんと現存していました。さすがに更新されてはいませんが、運営者による最後の挨拶は非常に味わい深く、良いウェブ日記でありますので、是非お読みください。ウェブ日記(あるいはテキストサイト)ってこんな感じだった。これがtweetされているだけだったら、受け止められ方はまったく違うでしょうし、残らなかったでしょうね。



参照

人はなぜウェブ日記を描き続けるのか:コンピュータ・ネットワークにおける自己表現



最終更新: 2020年8月4日


昨今、読み物があふれている。


本の価値は高いです。情報が整理され、取捨選択されているからです。無数の本があり、退屈するヒマがありません。また、小説もいいですね。だんだんと小説を読む割合は減ってきましたが、たまに恋しくなって(?)、手に取ります。


しかし、たくさんの本を読んで過ごした子供の頃と比べて、最近はWebにいくらでも読み物がありまして、これまた退屈するヒマがありません。

ニュースや、論文、報告書、他人のつぶやき、知人の近況を読む時間がかなり増えています。これらは速報性が高く、多くは無料で(お金を払っているものもありますが)、面白かったり有意義だったりします。


昔から読書記録をつけていたのですが、上に書いた、「本以外の読み物」の記録もつけたいと思うようになりました。

そこで自分の記録をつけるとともに、同じように面白いと思ってくれ人がいることに期待してブログにしました。


それではよろしく。

1
2